人気ブログランキング |

ランチしに芳ヶ平へスノーハイク

4月29日(火・昭和の日)

3月初旬に、初のバックカントリーツアーを果たした息子でしたが、もう一度雪のあるときに芳ヶ平に行きたいと言います。
二人のスケジュールをどうにか調整して、この日二回目の親子スノーツアーの運びとなりました。
しかし、天気予報は芳しくありません。雨に降られるのを覚悟の上で、カッパやザックカバーを詰め込んで出掛けました。
除雪の終わったばかりの志賀草津道路を登り、草津白根のレストハウスに到着するも、駐車場はガラガラ状態。
観光バスが3台と乗用車が5台ほど。GWにこれほど空いてるとは、なんだか寂しささえ漂っています。
e0292469_18515175.jpg




いつもはスキーやボードを出して、ツアーの支度をしていると、観光客の皆さんが好奇の目を向けてくるのですが、この日ばかりはそれもなく、のんびり出発準備ができました。
息子が苦労した前回と違って、雪をうまく辿ってゆけば、ゆるい下り勾配がつづくので、ボードでも移動は難しくありません。
e0292469_18544858.jpg

途中で二箇所ほど、雪の切れている場所がありますが、殆んど雪を繋いで移動することができました。
e0292469_18543571.jpg

白根山の中腹に良い斜面を見つけたので、ちょこっと登って道草滑りを楽しみます。
e0292469_18541839.jpg

やがて左手前方に、目指す芳ヶ平ヒュッテの、赤い屋根が見えてきました。
e0292469_1854510.jpg

途中でのんびり遊びながらでも、45分ほどでヒュッテに到着。やはり雪があるとラクチンです。
e0292469_18534875.jpg

いつものように、ワンコたちが大歓迎をしてくれました。
e0292469_18531444.jpg

心配した雨もすぐには降りそうもないので、ヒュッテ下の桜清水の斜面を滑って遊ぶことに。
e0292469_18525097.jpg

ヒュッテで勧めてくれたとおり、汚れのない快適なザラメのバーンに、登り返して5本も滑ってしまいました。
e0292469_18523818.jpg

ヒュッテに戻ると丁度お昼時。この日のおまかせパスタ、鮭と菜花とトマトのスパゲティに、舌鼓をうつのでした。
e0292469_18522650.jpg

この日出会ったのは、桜清水で滑っているときに、道を聞かれた登山者一人。拍子抜けするほど静かなツアーになりました。
今にも泣き出しそうな空が終日広がっていましたが、とうとう最後まで雨に降られず、結果オーライのスノーハイクになりました。
e0292469_1852161.jpg

by tanokyu88 | 2014-05-02 19:56 | そとあそび
<< 花いっぱいの御牧ヶ原ハイク 除雪が済んで春風吹く鳩待峠から... >>