晩秋の黒瀧山九十九谷 岩峰歩きの巻

e0292469_18301047.jpg

九十九谷は不動寺とは稜線を挟んで反対側に位置する、深くえぐられた岩壁に覆われた一帯です。
歩ける稜線の幅は極めて狭く、随所に鉄ハシゴや鎖場があり、ときにスリル満点のナイフリッジなど、登山者を絶えず緊張させます。
今回は上底瀬の登山口から出発し、寄り道して不動寺の紅葉を楽しんだ後、岩峰を周回するルートをとりました。
信州と境を接する南牧村は、群馬県の最西端に位置する山深い山里ですから、民家の脇がすぐ登山口なのも珍しいことではありません。
大根やつるし柿、洗濯物などの干してある、ご覧のように生活観たっぷりのお宅の横から入山します。




30分少々で不動寺に到着。紅葉の写真を撮りながら境内を歩くと、三束雨さんが撮影を終え待っていてくれました。
晩秋の柔らかな日が差すお堂の前で、三束雨さんがバーナーでお湯を沸かし、珈琲を淹れてくれました。
e0292469_18323984.jpg

珈琲をいただきながら見事な紅葉を愛でたら、お寺の裏手から岩峰巡りに出発します。馬の背と呼ばれるナイフリッジまで付き合ってくれた、
三束雨さんとはここで別れます。稜線に沿って鉄ハシゴが、幾つも連なっているのが見えます。
e0292469_1832283.jpg

鉄ハシゴのお陰でぐんぐん高度を上げると、先ほどまで居た不動寺が眼下に見えるようになります。
e0292469_18321627.jpg

今度はこのコース一番の名物、垂直に伸びた長いハシゴが現れました。
e0292469_1832659.jpg

難所を越えるとやがて緩やかな尾根道になり、馬の背から30分ほどで360度の展望が広がる観音岩に到着です。
折からの北風に煽られた枯葉が、紙ふぶきのように上空に舞い上がり、日の光にキラキラ輝きます。
e0292469_18315763.jpg

冬型の気圧配置のこの日、信州側は雲に覆われ八ヶ岳は見えませんが、晴れている上州の山々はくっきり。妙義山の岩峰群が見事です。
e0292469_18314593.jpg

西上州の山域で登山者に人気の、左は鹿岳(かなだけ)右は四ツ又山が目の前に見えます。
e0292469_18313578.jpg

若い相棒は怖いもの知らず、足元は奈落の底です。
e0292469_18312280.jpg

下りの道になると、九十九谷が俯瞰できる尾根づたいになり、高度感たっぷりの景色が続きます。
e0292469_1831898.jpg

そして、このコースの核心部が、すぱっと両側が切れ落ちた岩の峰上を、バランスをとりながら下りるこの場所。
e0292469_18305376.jpg

一番の難所を無事に通過すれば、やがて樹林帯になり、九十九谷の登山口に到着します。
約3時間あまりのミニコースですが、中身が濃く西上州らしい変化に富んだコースでした。
e0292469_18303820.jpg


おわります
by tanokyu88 | 2012-11-21 16:47 | そとあそび
<< 今週のパスタ 晩秋の黒瀧山九十九谷 不動寺の巻 >>