紅葉と新雪の巻機山 その2

e0292469_16135757.jpg

11月4日(日曜日)

昨晩この避難小屋に泊まったのは、結局私たち3人だけでした。
お陰さまで充分に身体を休めることができましたが、心配なのは気象状況です。
ドアを開けるとこのような光景が広がり、あまり風は無いものの、辺りはガスに覆われ視界が利きません。
夜間にさらに積雪は増え、巻機本峰への往復には、相当困難なラッセルが予想され、展望も期待薄のようです。
雪山では無理は禁物と、今回はここ避難小屋からの下山と決断しました。



一晩お世話になった避難小屋の雪囲いを元に戻し、ニセ巻機山目指し登り返してゆきます。
e0292469_16164472.jpg

ニセ巻機山直下まで登ると、わずかですが日の光が見えるようになってきました。
e0292469_1616265.jpg

振り返れば、あれほど濃かったガスが、次第に薄れて来ています。
e0292469_16161399.jpg

これは眺望が期待できそうだと、その場で待つこと数分、青空が見えるようになってきました。
e0292469_16163100.jpg

巻機山本峰上空の雲も取れ、全貌が見えたときには、歓声があがりました。
e0292469_16155313.jpg

僅か数分で劇的に眺望が開け、大パノラマが展開された時には、来てよかったとしみじみ思ったものでした。
e0292469_16153913.jpg

前日には見ることの無かった、今シーズン初のモンスターたちにも出会えました。
e0292469_16152686.jpg

こうなれば、我を忘れて撮影大会です。期待していなかっただけに、喜びもひとしおです。
e0292469_16151210.jpg

巻機山のどっしりした山容の向うには、ピラミダルな真っ白い割引岳(わりめきだけ)が鮮やかです。
e0292469_16145695.jpg

昨日は疲労困憊で到着したニセ巻機山も、今日は気分晴れ晴れで到着です。
e0292469_16144098.jpg

そうこうしていると、ふたたび雲が巻いてきました。昨日の踏み跡はすっかり消えているので、視界の利くうちに出発します。
e0292469_16142541.jpg


つづきます
[PR]
by tanokyu88 | 2012-11-07 16:16 | そとあそび
<< 紅葉と新雪の巻機山 その3 紅葉と新雪の巻機山 >>