タグ:金谷酒店 ( 2 ) タグの人気記事

念願の金谷酒店さん初訪問

2月11日(水・建国記念の日)

知人を通じかねてから親交のあった太田市の老舗金谷酒店さんでしたが、日曜日の定休日が重なっていて、未だにお訪ねができずにいました。
珍しく、そとあそびに行かなかったこの日、午後ぽっかり時間が空いたので、この機会を逃してなるものかと、逸る心で駆けつけたのでした。
120年の長きに渡り、連綿と受け継がれてきた老舗にもかかわらず、商業地ではない立地にあったのが、まず最初の驚ろきでした。
ナビがなかったらすんなりと着けたかと思える立地条件は、どこか田能久にも相通じるもので、なにやら嬉しくもありました。
この風格のある店構えは、時の流れに磨かれたものだけが醸し出す、懐かしさと安心感を纏っているようでした。
e0292469_17261732.jpg
ご主人との初対面の挨拶を済ませると、まず目に入ってくるのが大きな冷蔵庫に、所狭しと並べられる選び抜かれた銘酒の数々。
常日頃お店のブログで目にしては、あれも良いこれもいいと思っていたものが、目の前にずらり展開されるのは心躍るものがあります。
e0292469_17264454.jpg
そうした酒類の充実もさることながら、食品類も全国から選び抜かれたものばかりで、ご主人の選択眼は敬服に値します。
よいお店に出会ったときの常套句に「近くにあったら通いつめるのに・・」などと言いますが、まさにこの言葉が相応しい品揃えの見事さです。
e0292469_17270145.jpg
さてこの日手に入れたのは、佐賀の天山酒造が醸す「七田 純米七割五分磨き 無濾過生」酒造好適米の雄町を全量使用しています。
すっきりとした雄町の旨みと喉越しと、あとから感じる酸味が相まって、実にワタシ好みの一本でした。
やはり通販ではなく、ご主人に相談しながら買い求める一本は、格別なものがあります。
再びお訪ねするのはいつになることか、祝日の体が空く日が今から楽しみです。
e0292469_17273713.jpg


[PR]
by tanokyu88 | 2015-02-12 19:02 | うれしい店 | Comments(4)

新春を寿ぐ一本

e0292469_18283838.jpg

群馬辺りにおりますと、酒どころのイメージは新潟・信州・東北、といったところが自然と思い浮かびます。

呑み助の端くれのワタシも、数年前まではご多分にもれずそんな思いでしたが、近頃では静岡の酒蔵に俄然注目しています。

今年の正月用に何がよいか品定めを始めた頃、日頃から愛読しているブログのこちらの記事が目に留まり、迷うことなく決定と相成りました。

いやはや何とも、自分を褒めたいくらいの正解で、お陰さまで結構な三箇日が送れました。

この臥龍梅に限らず、静岡の酒蔵はレベルが高いので、店頭で見かけたら是非一度お試しを!
[PR]
by tanokyu88 | 2013-01-07 18:56 | 百薬の長 | Comments(4)