タグ:至仏山 ( 8 ) タグの人気記事

今週のパスタ

春菊のジェノヴェーゼ風スパゲティ
本来のジェノヴェーゼはバジルの葉をつかいますが、今回は身近な食材の春菊でアレンジしたパスタです。
e0292469_18341330.jpg

昨日の定休日は、入山が解禁になった至仏山へ、バックカントリースキーに行って来ました。
記録的に雪の少ない今シーズンですので、早めに行かないと雪が解けてしまう心配があります。
案の定登山口から暫くは、ブッシュの中を木の枝を避けながら縫うように進みます。
e0292469_18342856.jpg

それでも、森林限界を超えたあたりからはまずまずの残雪があり、小至仏山の斜面を快適に登ります。
e0292469_18344074.jpg

今年は滑走禁止区域が広く、本峰まで登っても良い斜面が無さそうなので、小至仏山から滑り込みます。
雪が少ないとは言え広大な斜面の中には、取って置きのスロープも残っていて、充分に楽しめた至仏山でした。
e0292469_18345474.jpg

[PR]
by tanokyu88 | 2016-04-25 18:54 | ランチのあれやこれや

姫様とお供二人が行く至仏山漫遊記

5月6日(火・振替休日)

ゴールデンウィークの最終日は、飽きもせず今シーズン三回目の至仏山通いです。
この日は姫様のテレマークデビューとあって、え~しさんとワタシは、お供として世話を焼くべく、同行する運びと相成ったのでした。
前日のこどもの日は降雪があったようで、オオシラビソの枝は薄っすらと白く、ツララも下がっているほどの寒さです。
姫様の記念すべき初至仏山ですが、どんよりと今にも降り出しそうな雲行きに、残念ながら素晴らしい景色は期待薄の様子です。
e0292469_18565782.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2014-05-09 16:58 | そとあそび

若い衆と登って滑る至仏山

5月4日(日・みどりの日)

今シーズン二回目の至仏山詣では、若手テレマーカー4人に混ざっての、足手まといツアー。
この日も絶好のバックカントリー日和になり、このとおり至仏山も穏やかな姿で迎えてくれました。
e0292469_1811197.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2014-05-07 19:26 | そとあそび

除雪が済んで春風吹く鳩待峠から至仏山へ

4月27日(日)

ゴールデンウィークの幕開けは、いつもの至仏山で始まります。
お天気に恵まれ鳩待峠の除雪車の向うには、青空に映える真っ白な至仏山の姿が。
e0292469_16394546.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2014-04-30 17:41 | そとあそび

至仏山はもう初冬

11月3日(日・文化の日)

今年の文化の日は三連休の中日にあたりましたが、この日は昔から晴れの特異日と言われています。
そうなりますと近郊の手軽な山々は、紅葉狩りのハイカーで混雑は必至なので、もうすぐ道路閉鎖になろうとしている至仏山に狙いを定めました。
その思惑は見事に的中し、幾度と無く訪れている至仏山ですが、かつてこの山で経験したことが無かった、静かな山歩きができました。

朝7時過ぎに到着した鳩待峠の駐車場は、拍子抜けするくらいのまばらなクルマの数。何人かの登山者が準備をしているだけでした。
鳩待峠からは一旦山ノ鼻まで降りて、至仏山の東面を登り山頂へ。山頂からは小至仏山を経由して、鳩待峠へ降りる周回コースを採ります。
e0292469_1523936.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-11-07 17:53 | そとあそび

至仏山は今日もいい天気

5月6日(振替休日)

GWの休日を利用して、東北方面に遠征していた二組の仲間達が、この日好天が見込まれる至仏山に集合。
東北では、ずっと低気圧とお付き合いをさせられていた鬱憤を、ここで一気に晴らそうという目論見です。
ひるがえって、ワタシはと言えば、こんなに晴天に恵まれたGWは、かつて無かったほどです。
はるばる貴重な時間とお金をつぎ込んで出掛けても「ならぬものは、ならぬのです」
その点、地元の至仏山はまさしく「安近短」の山。この日もワタシは日帰り出勤なのでした。

この素晴らしい景色が見られるのもこの日限り。6月末日まで植生保護の為、至仏山は入山禁止になります。
e0292469_16511456.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-05-10 17:28 | そとあそび

再びの至仏山はフィルムクラスト

5月5日(こどもの日)

今季2度目の至仏山詣でです。
素晴らしい晴天に恵まれたこどもの日ですが、GWも残すところ2日とあって、この日の登山道は人影がまばらで、マイペースで登れます。
前回4月29日に至仏山本峰のピークは踏んだので、この日は手前の小至仏山頂からワル沢に滑り込むことに決定。

e0292469_14583366.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-05-08 16:44 | そとあそび

2年ぶりの至仏山

4月29日(昭和の日)

昨年は3月に骨折の憂き目にあって、この時分にはまだ傷も癒えず、泣く泣く諦めた至仏山。
近くて雪が豊富で、広大なバーンが広がる至仏山は、スキーヤーやボーダーにとってメッカのような山。
残雪期に入山できるのは短期間なので、鳩待峠の駐車場は言うに及ばず、麓の戸倉の駐車所も満車寸前の盛況です。
この日の我われのパーティも、地元群馬の4名と東京方面からの5名を合わせ9名の大所帯。
鳩待峠から歩き出すと、二日前の降雪で真っ白に化粧直しをした、至仏山がくっきり見え期待が高まります。
e0292469_1018068.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-05-03 12:39 | そとあそび