タグ:尾瀬 ( 5 ) タグの人気記事

本日のデザート

ブルーベリーのパンプディング
e0292469_16331774.jpg
今が旬のフルーツ、ブルーベリーをパンプディングにしました。

カスタードソースが浸み込んだふわふわのバゲットと、香り高いブルーベリーののマッチングがお勧めです。

次の画像二点は先日訪れた尾瀬沼の畔、大江湿原のニッコウキスゲです。

今年は例年に比べ開花期間が長いようですが、そろそろ見納めのようです。
e0292469_16335133.jpg
e0292469_16340478.jpg

[PR]
by tanokyu88 | 2017-08-04 16:50 | ランチのあれやこれや

至仏山はもう初冬

11月3日(日・文化の日)

今年の文化の日は三連休の中日にあたりましたが、この日は昔から晴れの特異日と言われています。
そうなりますと近郊の手軽な山々は、紅葉狩りのハイカーで混雑は必至なので、もうすぐ道路閉鎖になろうとしている至仏山に狙いを定めました。
その思惑は見事に的中し、幾度と無く訪れている至仏山ですが、かつてこの山で経験したことが無かった、静かな山歩きができました。

朝7時過ぎに到着した鳩待峠の駐車場は、拍子抜けするくらいのまばらなクルマの数。何人かの登山者が準備をしているだけでした。
鳩待峠からは一旦山ノ鼻まで降りて、至仏山の東面を登り山頂へ。山頂からは小至仏山を経由して、鳩待峠へ降りる周回コースを採ります。
e0292469_1523936.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-11-07 17:53 | そとあそび

往く夏を惜しみつつ尾瀬周遊 湿原の花編

尾瀬ヶ原湿原で出会った花たち

一段目左からワレモコウ・ミゾソバ 二段目コバギボウシ・サワギキョウ 三段目サワオトギリ・クガイソウ
四段目オゼミズギク・ジャコウソウ 五段目イワショウブ・チョウジギク 六段目イワアカバナ・マルバタケブキ
七段目キンミズヒキ・ヒツジグサ

e0292469_17282050.jpge0292469_17275791.jpg

e0292469_17273737.jpg
e0292469_17312923.jpg

e0292469_17303053.jpge0292469_17295044.jpg

e0292469_17333185.jpge0292469_17331375.jpg

e0292469_17325011.jpg
e0292469_17345977.jpg

e0292469_17343732.jpge0292469_1734455.jpg

e0292469_1736341.jpge0292469_17361534.jpg
[PR]
by tanokyu88 | 2012-08-24 15:24 | 山の花や木

往く夏を惜しみつつ尾瀬周遊 お昼ごはん編

e0292469_12551399.jpg


ほぼ貸切状態の尾瀬ヶ原湿原をスンナリ横断し、見晴には午前11時半に到着。
総勢14名の大パーティーにもかかわらず、小屋前のテーブルも難なく確保。
そうなれば、メンバー各人のザックからは、出るわ出るわ食料の山。
何はともあれ、これをしなければ始まりません。

カンパ~~~~~イ!!

More
[PR]
by tanokyu88 | 2012-08-19 16:15 | 食べたり飲んだり

往く夏を惜しみつつ尾瀬周遊 風景編

e0292469_110082.jpg


8月14日 火曜日
夏休み連休の一日、仲間13名と連れ立って、晩夏の尾瀬ヶ原を歩いてきました。
今年のお盆は不穏な天候続き、この日も集合時刻の午前5時には、雨が降り出す生憎の天気。
しかし毎度の事ながら、行って見ないと判らないのが山の天気。
入山地点の鳩待峠では、いくらか雨が残るものの、明るくなる兆しが気持ちを軽くさせ、予定通り山ノ鼻に向かいます。
案の定、山ノ鼻に着く前にすっかり雨は上がり、「カッパを着るまでも無かった!」と軽口が出ます。
山ノ鼻からは、拍子抜けするほど人の少ない木道を、写真を撮りつつお昼休憩する見晴しへ。
帰路に選んだ東電小屋を目指す頃には、晩夏とは思えないほどの、強烈な直射日光の下を歩く事に。

More
[PR]
by tanokyu88 | 2012-08-19 12:02 | そとあそび