<   2013年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

桧枝岐歌舞伎

5月12日(日)

この日は残雪の燧ケ岳で山スキーを楽しんだ後、桧枝岐で温泉に浸かり、名物の蕎麦で小腹を満たしていると、道を歩く人の多さに気が付きました。桧枝岐村は尾瀬の玄関口のひとつでもありますが、伝統芸能農村歌舞伎が良く知られた山里。ちょうどこの日が、春の上演日にあたっていたのでした。絶好の機会ですから、見物したいのはやまやまですが、帰りの時間を考えると無理。せめてその雰囲気だけでもと、足早に会場の鎮守様の境内を散策したのでした。
e0292469_15271592.jpg

「檜枝岐歌舞伎は江戸の時代より親から子、子から孫へと伝承されて連綿と続き、春と秋の祭りに奉納歌舞伎として檜枝岐の村人を楽しませてきました。現在残っている資料の中に270年前に購入された浄瑠璃本が残っていることから、270年以上の歴史を持っていると言われています。上演される舞台は鎮守神の境内に有り、国の重要有形民俗文化財に指定されております。観客席は露天で、神社への坂がそのまま自然の観覧席になっており、夕方より上演されます。
夕闇が深まる中での鑑賞は、その昔上演された雰囲気を十分に伝えてくれます。 役者の方々は全て村の住民で、自分の仕事を持っておられる中、寸暇を割いて練習されております。その演技については素人離れしたものがあると評価を戴いております。」
                                            桧枝岐村役場公式ホームページより
e0292469_1527388.jpg


e0292469_15265371.jpg


e0292469_15264384.jpg

[PR]
by tanokyu88 | 2013-05-14 15:59 |

至仏山は今日もいい天気

5月6日(振替休日)

GWの休日を利用して、東北方面に遠征していた二組の仲間達が、この日好天が見込まれる至仏山に集合。
東北では、ずっと低気圧とお付き合いをさせられていた鬱憤を、ここで一気に晴らそうという目論見です。
ひるがえって、ワタシはと言えば、こんなに晴天に恵まれたGWは、かつて無かったほどです。
はるばる貴重な時間とお金をつぎ込んで出掛けても「ならぬものは、ならぬのです」
その点、地元の至仏山はまさしく「安近短」の山。この日もワタシは日帰り出勤なのでした。

この素晴らしい景色が見られるのもこの日限り。6月末日まで植生保護の為、至仏山は入山禁止になります。
e0292469_16511456.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-05-10 17:28 | そとあそび

再びの至仏山はフィルムクラスト

5月5日(こどもの日)

今季2度目の至仏山詣でです。
素晴らしい晴天に恵まれたこどもの日ですが、GWも残すところ2日とあって、この日の登山道は人影がまばらで、マイペースで登れます。
前回4月29日に至仏山本峰のピークは踏んだので、この日は手前の小至仏山頂からワル沢に滑り込むことに決定。

e0292469_14583366.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-05-08 16:44 | そとあそび

5月5日の天王桜

5月5日(こどもの日)

至仏山での山スキーの帰り道、日没までには間があったので、ちょっと寄り道してお花見に。
片品村は武尊山麓の針山地区にある「天王桜」は、推定樹齢300年以上のオオヤマザクラ。
高さ10m・幹回り5.2m・枝幅17mもの巨木で、片品村の重要天然記念物に指定されています。
毎年ちょうどGW頃に満開を迎えることから、このところとても人気の一本桜です。
この日はすでに見頃を過ぎてはいましたが、久しぶりに対面した天王桜は、相変わらずの見事さでした。
e0292469_1732231.jpg


e0292469_1731316.jpg


e0292469_1724119.jpg


e0292469_1723318.jpg

[PR]
by tanokyu88 | 2013-05-07 17:19 | 山の花や木

2年ぶりの至仏山

4月29日(昭和の日)

昨年は3月に骨折の憂き目にあって、この時分にはまだ傷も癒えず、泣く泣く諦めた至仏山。
近くて雪が豊富で、広大なバーンが広がる至仏山は、スキーヤーやボーダーにとってメッカのような山。
残雪期に入山できるのは短期間なので、鳩待峠の駐車場は言うに及ばず、麓の戸倉の駐車所も満車寸前の盛況です。
この日の我われのパーティも、地元群馬の4名と東京方面からの5名を合わせ9名の大所帯。
鳩待峠から歩き出すと、二日前の降雪で真っ白に化粧直しをした、至仏山がくっきり見え期待が高まります。
e0292469_1018068.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-05-03 12:39 | そとあそび

守門大岳は真っ白な別天地 その2

遮るものがまったく無く、冷たい風が吹き付ける大岳山頂では、ゆっくり休憩する場所もありません。
お昼ごはんは中腹まで滑り降りてからとることにして、まずは大急ぎで滑る支度にかかります。

記念の集合写真を撮ったら出発です。
e0292469_16145141.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-05-02 16:56 | そとあそび

守門大岳は真っ白な別天地

4月28日(日)

GWには恒例の東北スキー巡業に出るえ~し@箱根さんですが、今回は至仏山を皮切りに二峰目に守門大岳を滑ってから北上の予定とか。
ワタシにとって、これまで登る機会に恵まれなかった守門大岳とあって、是非とも同行をと願い出て、この日初登頂が実現しました。
4時間あまりの長丁場の末に立てた大岳山頂は、無木立の遮るものがまったく無い、雪に覆われた天空の大広場。
前日の雪でリセットされた広大な山頂からは、真っ白なスロープが伸び、いやが上にも滑降意欲をそそられます。

画像は大岳山頂から守門岳本峰方面を眺めた景色。
e0292469_94876.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-05-01 17:15 | そとあそび