カテゴリ:旅( 10 )

南牧村の火とぼし

8月15日(金)

群馬県の南西端に位置する南牧村は、人口2200余の山あいの小さな村です。
その南牧村の大日向地区で、毎年8月の14・15日に行われるのが、400年の歴史を持つ火祭り「火とぼし」です。
この勇壮な火祭りに、10年前から毎年訪れている友人に案内され、この日初めて見物にやってきました。
e0292469_1559451.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2014-08-17 17:04 | | Comments(0)

無事日本一周を終える

7月の末にバイクでの日本一周に旅立った次男と幼馴染の二人が、三ヶ月余りの長旅を終え昨晩無事戻ってきました。

自転車ならばともかく、バイクで三ヶ月以上もかかったのは、北海道の農家で収穫のアルバイトをしたり、友人のいる石垣島で二週間も長滞在したりの、気ままなのんびり旅だったからです。

彼ら二人は何か持っているのか、行く先々で豪雨や台風に歓迎され通しの旅でしたが、無事元気で帰ってくれば大成功です。

あまりに雨ばかりに見舞われるので、旅の途中で知り合ったオジサンに「俺たち雨を呼ぶ運命をもっているようです」とぼやいたら、「お前らがそれほどのモンか!ただの偶然だ!」と一蹴されてしまったとか。

困難もあるにはありましたが、このとおり二人とも元気ですので、心配してくださった皆さまには報告がてら、お礼申し上げます。

e0292469_16583736.jpg

[PR]
by tanokyu88 | 2013-11-02 17:11 | | Comments(0)

2013夏  横浜物語 その2

赤レンガ倉庫をスルーすた我われ一行は、次の目的地「カップヌードル・ミュージアム」へと向かいました。
途中ですれ違う皆さんが肩から提げているのは、そのミュージアムで作ったオリジナルのカップヌードルが入った透明のバッグ。
大方予想していたとは言え、館内は幼い子供を連れた家族で一杯、着いた早々に見学は諦めました。
e0292469_1722763.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-08-01 18:23 | | Comments(0)

2013夏  横浜物語

7月28日(日)

7月最後の日曜日、この日は大人の遠足です。
山にばかり行ってると、世間から置いてきぼりになりそうなので、たまには街の空気を肌で感じようと、やって来ましたのは大都会横浜。、
東海道線を毎日通勤しているえ~しさんに、プランニングとガイド役をお願いし、横浜界隈で一日楽しく遊ぼうとの計画です。
7時39分高崎発の新宿湘南ラインならば、乗り換え要らずで10時を回る頃には横浜に着くのですから、便利になったものです。
e0292469_1732165.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-07-31 17:30 | | Comments(4)

旅立ち

7月27日(土)

今朝ウチの次男坊が幼馴染の友だちと二人で、バイクによる日本一周の旅に出発して行きました。

夏の盛りなので、まずは涼しい北に向けての旅立ちです。秋口には西日本に向かい、沖縄の島にも渡る予定だそうです。

何はともあれ、健康と事故に注意して楽しい旅をしてほしいものです。

e0292469_18101054.jpg

[PR]
by tanokyu88 | 2013-07-27 18:12 | | Comments(2)

白馬から大町、松本まわって望月へ

青鬼の棚田でのモーニング珈琲と携行食で、軽めの朝ご飯を済ませて向かったのは、大糸線南小谷ー中土間の撮り鉄スポットでした。
大糸線を見下ろす農道添いの小高いこの場所は、残雪の五竜岳と鹿島槍ヶ岳をバックに、姫川と大糸線が並行し、水を張った田圃がが水鏡になる、願っても無いお立ち台でした。
e0292469_15461533.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-05-31 19:03 | | Comments(6)

午前6時06分の野点珈琲

5月26日(日)

早朝の棚田でゴム長を履いた一団が、モーニング珈琲をすする図は、信州は白馬村青鬼集落でのワンシーン。
この怪しげな集団は、夜明けの珈琲を飲みにはるばる来たわけではなく、この時期にしか見られない絶景をカメラに収めようと、夜っぴてクルマを飛ばしてきた上州ブロガー軍団なのでした。

e0292469_18324640.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-05-28 17:24 | | Comments(4)

桧枝岐歌舞伎

5月12日(日)

この日は残雪の燧ケ岳で山スキーを楽しんだ後、桧枝岐で温泉に浸かり、名物の蕎麦で小腹を満たしていると、道を歩く人の多さに気が付きました。桧枝岐村は尾瀬の玄関口のひとつでもありますが、伝統芸能農村歌舞伎が良く知られた山里。ちょうどこの日が、春の上演日にあたっていたのでした。絶好の機会ですから、見物したいのはやまやまですが、帰りの時間を考えると無理。せめてその雰囲気だけでもと、足早に会場の鎮守様の境内を散策したのでした。
e0292469_15271592.jpg

「檜枝岐歌舞伎は江戸の時代より親から子、子から孫へと伝承されて連綿と続き、春と秋の祭りに奉納歌舞伎として檜枝岐の村人を楽しませてきました。現在残っている資料の中に270年前に購入された浄瑠璃本が残っていることから、270年以上の歴史を持っていると言われています。上演される舞台は鎮守神の境内に有り、国の重要有形民俗文化財に指定されております。観客席は露天で、神社への坂がそのまま自然の観覧席になっており、夕方より上演されます。
夕闇が深まる中での鑑賞は、その昔上演された雰囲気を十分に伝えてくれます。 役者の方々は全て村の住民で、自分の仕事を持っておられる中、寸暇を割いて練習されております。その演技については素人離れしたものがあると評価を戴いております。」
                                            桧枝岐村役場公式ホームページより
e0292469_1527388.jpg


e0292469_15265371.jpg


e0292469_15264384.jpg

[PR]
by tanokyu88 | 2013-05-14 15:59 | | Comments(0)

青年は荒野を目指す 東日本編

e0292469_9554720.jpg

まだ寒さの残る3月初旬、東京を自転車で出発し日本列島の西半分を廻り、5月に一旦東京の自宅に帰りついていた友人の息子。
夏の間に東京で旅の資金をつくり、日本一周自転車旅の残り半分を完遂すべく、再出発したのが昨日10月5日。
後半の旅も我が家を第一宿泊地と決め、昨夕ふたたび元気な姿を見せてくれました。
昨日の100km余の走行の疲れも見せず、今朝はすっきりした顔つきで、新潟に向け出発してゆきました。
すっかり旅に慣れたせいか、装備も上手くまとめ颯爽と往く後姿に、頼もしさを覚えつつ無事を祈ったのでした。

e0292469_9555845.jpg

[PR]
by tanokyu88 | 2012-10-06 10:16 | | Comments(2)

ビール工場見学 学習編

e0292469_17285520.jpg

9月9日(日) 定休日
去年の夏から、すっかり恒例になってしまった、キリンビール横浜工場の見学会。今回ではや3回目です。
歳を重ねるごとに物覚えが悪くなるので、前回の復習をしなければと、勉強熱心な男女7名でやってまいりました。

More
[PR]
by tanokyu88 | 2012-09-12 15:28 | | Comments(2)