「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:うれしい店( 18 )

念願の金谷酒店さん初訪問

2月11日(水・建国記念の日)

知人を通じかねてから親交のあった太田市の老舗金谷酒店さんでしたが、日曜日の定休日が重なっていて、未だにお訪ねができずにいました。
珍しく、そとあそびに行かなかったこの日、午後ぽっかり時間が空いたので、この機会を逃してなるものかと、逸る心で駆けつけたのでした。
120年の長きに渡り、連綿と受け継がれてきた老舗にもかかわらず、商業地ではない立地にあったのが、まず最初の驚ろきでした。
ナビがなかったらすんなりと着けたかと思える立地条件は、どこか田能久にも相通じるもので、なにやら嬉しくもありました。
この風格のある店構えは、時の流れに磨かれたものだけが醸し出す、懐かしさと安心感を纏っているようでした。
e0292469_17261732.jpg
ご主人との初対面の挨拶を済ませると、まず目に入ってくるのが大きな冷蔵庫に、所狭しと並べられる選び抜かれた銘酒の数々。
常日頃お店のブログで目にしては、あれも良いこれもいいと思っていたものが、目の前にずらり展開されるのは心躍るものがあります。
e0292469_17264454.jpg
そうした酒類の充実もさることながら、食品類も全国から選び抜かれたものばかりで、ご主人の選択眼は敬服に値します。
よいお店に出会ったときの常套句に「近くにあったら通いつめるのに・・」などと言いますが、まさにこの言葉が相応しい品揃えの見事さです。
e0292469_17270145.jpg
さてこの日手に入れたのは、佐賀の天山酒造が醸す「七田 純米七割五分磨き 無濾過生」酒造好適米の雄町を全量使用しています。
すっきりとした雄町の旨みと喉越しと、あとから感じる酸味が相まって、実にワタシ好みの一本でした。
やはり通販ではなく、ご主人に相談しながら買い求める一本は、格別なものがあります。
再びお訪ねするのはいつになることか、祝日の体が空く日が今から楽しみです。
e0292469_17273713.jpg


[PR]
by tanokyu88 | 2015-02-12 19:02 | うれしい店 | Comments(4)

ちょっとしたカフェが今夏も南牧村に

去年の夏に南牧村で、出張カフェを開き話題になった、練馬区上石神井の「ちょっとしたカフェ」さんが、この夏もやってきました。
そこで、湯の丸山お花見登山の帰り道に、すこし遠回りしてお訪ねしてきました。

e0292469_1651175.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2014-08-07 17:43 | うれしい店 | Comments(4)

パンと暮らしの道具の店「わざわざ」

11月23日(土・文化の日)

午前中は、この日オープンした湯ノ丸スキー場で、早々と今シーズンの初滑りでした。
連休初日と快晴のお天気が重なり、湯ノ丸スキー場にしては珍しくリフト待ちの長い列に、5本ほど足慣らしをしたところで切り上げます。
さっさと山を下りて向かったのが、千曲川対岸の御牧原台地にある「わざわざ」さん。
このお店、営業日が木・金・土の週三日だけですので、日・祭が休みのワタシにとって、行くに行かれぬ憧れの聖地のような場所。
たまたまこの日は、年に一回あるかないかの土曜日の祭日でしたから、願っても無いめぐり合わせに、勇んで参上したのでした。
若き女性オーナーとは、ブログ仲間の取持つ縁で、何度かお会いしているのですが、営業日にお訪ねするのは初めてのことでした。
e0292469_16522310.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-12-03 18:25 | うれしい店 | Comments(2)

チーズ工房 Three Brown

この日の登山に赤城の鍋割山を選んだのは、その後に行きたいところがあったからでした。
鍋割山から下山して向かったのは、赤城山の南麓でブラウンスイス種の牛乳から、チーズを作っている工房Three Brownさん。
前週に出掛けた富岡の動楽市にも出店されていて、その際に友人のコーリンさんから紹介され、一度お訪ねしなければと思っていたのでした。
「牛を飼って自分たちでチーズを造りたい」と思い続けて18年。若きご夫婦の念願がかなった工房です。
現在7頭に増えたブラウンスイスですが、当初3頭でスタートしたことから、工房の名をThree Brownとしたと話してくれました。
赤城南麓の日当たりの良い立地には、レンガの外壁の素敵な建物がありました。このご自宅の玄関先で水曜日と日曜日にチーズを販売しています。
e0292469_17141956.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-11-27 18:18 | うれしい店 | Comments(4)

手作りの帽子が届いた

e0292469_1558212.jpg

北海道ニセコにあるオーダーメイドの帽子屋さん、The Mad Hatterから届いたのがこの帽子。
こちらのご主人がコレクションしている、本場スコットランドのハリスツイードのうちから、3種類の柄を選んで6枚はぎの、ANGUSというモデルの帽子に仕立ててもらったものです。
グレンチェック・ハウンドツース・ヘンリボーン、3種類の生地の色合いは、秋に相応しく何れも茶系で統一しました。
ハリスツイードのもつ独特の風合いと、ボリューム感のある被り心地は、これから寒くなる季節に嬉しい逸品に仕上がっています。
ご主人とは彼が東京にいた時からの知り合いです。昨秋ニセコに居を移したのを機に、手作り帽子のショップを始めたのでした。
The Mad Hatterのホームページには、素敵な帽子がたくさん展示されていますので、いちどご覧いただければと思います。
[PR]
by tanokyu88 | 2013-10-21 16:59 | うれしい店 | Comments(4)

ちょっとしたカフェin南牧村

9月8日(日)

普段は東京の上石神井で、「ちょっとしたカフェ」というお店を営んでいる、若き女性パティシエ岩間有希さん。
岩間さんは「田舎で働き隊」の催しに参加したことで、南牧村の人々と交流が出来、今年の夏期間限定でカフェを開いています。
数年前まで「かじか小屋」の名で、蕎麦屋さんを営業していた古民家が、カフェとして蘇りました。
雨の予報でカヌーツアーが中止になった日曜日の昼下がり、同行するはずだったメンバーとお訪ねしました。

古い農家そのままの佇まいのカフェは、前日に新聞で紹介されたこともあり、満員の盛況ぶりでした。
e0292469_15191911.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-09-10 17:05 | うれしい店 | Comments(0)

cafe yotacco

川上村の善慶庵さんを出たのが3時半、日の長い真夏の夕刻にはまだ間のある時刻ですから、もう一箇所くらい寄り道ができそうです。
先ほどの善慶庵さんはワタシの要望だったので、今度は相棒から上野村のyotaccoさんでお茶でもどうですか、とリクエストが出されました。
ワタシも前々から気になっていたお店ですので、それは良いアイデアとすぐに話がまとまり、帰りは上野村経由になりました。
e0292469_1630012.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-08-23 17:51 | うれしい店 | Comments(0)

川上そば 善慶庵

以前から機会があればお訪ねしたいと思っていたお蕎麦屋さんです。
北八ヶ岳の避暑山行のあとで、せっかく地元の温泉で汗を流しても、そのまま帰ったのでは炎熱地獄に舞い戻るようなもの。
まだ陽も高いので、情報の記憶を頼りにクルマを走らせ、川上村までちょいと寄り道しました。
e0292469_16135920.jpg

一度道を間違えたものの、程なく村はずれにある善慶庵さんが見つかりました。
屋号は切り盛りされているご夫婦の名前から、一文字ずつ取って付けたものだとか。
4人用のテーブルが4卓だけの、こじんまりとしたお店の座敷に座ると、まずお茶と一緒に自家栽培のレタスやインゲン、そば羊羹が出されます。

e0292469_1614754.jpg

生産量日本一を誇る川上の朝取りレタスの、新鮮な美味しさを賞味していると、やってきたのが色の黒い手打ち十割そば。
地元産の蕎麦粉だけをつかった十割そばの品書きは、もりの並800円と大盛の1000円だけの潔さです。
太めに切られた田舎そばは量も豊富で、喉越しよりもコシのある咬み応えと風味を楽しむ、昔ながらの地元流のもの。
その後出されるそば湯はどろっとした濃厚さで、少し甘めのそばつゆに良くなじみ、最後まで楽しめました。
e0292469_1615085.jpg

少し足を伸ばして良かったと、しみじみ思える善慶庵さんでした。

長野県南佐久郡川上村原836-8
電話番号 : 0267-97-2660
定休日 : 木曜日
営業時間 : 11:00~19:00
[PR]
by tanokyu88 | 2013-08-22 17:18 | うれしい店 | Comments(0)

雑木林のカフェでのんびり

この日はツキにとことん見放されたような一日でした。

芳ヶ平に行けば管理人ご夫妻のお出掛けと、予想外の雨のダブルパンチで、早々と草津白根山から退散させられました。
ヒュッテでお昼ごはんにありつけなかったので、草津から長野原に下る途中にある、名物カツ丼のお店に寄ればすでに売り切れ。
何とかお腹を満たし、もうじき入れなくなる河原湯温泉で汗を流せば、共同浴場の常連らしきオトウサンの温泉薀蓄大会にウンザリ。
このままじゃ心の波風が治まりそうも無い! そこでハタと思いついて、久しぶりに北軽井沢の「麦小舎」さんを訪ねたのでした。

そこは浮世の喧騒とは無縁の、時間のゆったり流れる雑木林の中の別世界でした。
e0292469_18473060.jpg


More
[PR]
by tanokyu88 | 2013-08-09 17:06 | うれしい店 | Comments(2)

黄昏時のCafeRossy

天候の回復した群馬の森クラフトフェア会場をのんびり見物していると、ブログ仲間の三束雨さんとばったり。
遠来の友だちとも久しぶりだし「それじゃ、お茶でもしましょうか?」とすぐに話はまとまり、向かった先は伊勢崎のCafeRossy。
途中でブログ仲間の女性をピック、現地ではもう一人女性ブロガーが待機しているという、三束雨さんならではの手回しの良さ。
おかげで、男四人の色気抜きのカフェ詣でだったはずが、その場がたちどころに華やかなものになりました。
そんなこんなもありまして、普段は無縁の画像のようなものにまで手を出し、節操の無さをさらけ出すことに。
ただし、名誉のために申し添えますが、遠来の友だちに付き合って、半分だけいただいた事実を強調しておきます。
e0292469_1746512.jpg

cafe Rossy
営業時間 8時~21時(ラストオーダー20:30)
定休日  火曜日
住所 群馬県伊勢崎市境女塚12-1
TEL 0270-75-6041
[PR]
by tanokyu88 | 2013-04-24 17:59 | うれしい店 | Comments(6)