猛暑を逃れて水遊び

7月27日(日)

この日、灼熱の群馬を脱出して、やって来ましたのは、信州安曇野を流れる万水川。
2年前に、ベテランカヌーイストのえ~しさんに誘っていただき、初のカヌー体験をしたのもこの川でした。
川面を吹き渡る涼やかな風と、水面を木の葉のように漂う浮遊感に、すっかり魅せられたものでした。
e0292469_17574963.jpg




さほど川幅の広くない万水川は、障害物も無くゆったりとした流れですが、たまに小さな瀬が現れ退屈させません。
e0292469_180163.jpg

幾つもの橋をくぐりながら、のんびり川くだりを楽しみます。
e0292469_180794.jpg

やがて流れは、鬱蒼とした樹林帯に入って行きます。この森の右手に、大王わさび農場があり、そこで休憩の予定なのですが、すんなり横付けさせてくれない、難所でもあります。
e0292469_175957100.jpg

上陸地点は、万水川から農場脇を流れる蓼川に入り、有名な三連水車を見ながら、遡上しなければ辿り付けません。
過去2回とも遡上に失敗した苦い経験から、今回も駄目ならカヌーはきっぱり止めようと、悲壮な覚悟で臨んだ結果、何とか上陸に成功。
それにすっかり気を良くしたのも束の間、スコールのような雨が降ってきて、名物のわさびソフトクリームは諦めです。
e0292469_17594686.jpg

天候が予報より早く崩れたのか、雨脚が弱まる気配がなく、仕方なく先を急ぐことにします。
こんな雨の中でも、三連水車の周りにはたくさんの観光客がいて、我々は注目の的です。
e0292469_17593420.jpg

ここが件の合流地点なので、カヌーの舳先を上流に向け、ホッと安堵の胸を撫で下ろしながらパチリ。
右の万水川から、左の蓼川に漕ぎ移る時が難問で、向きを変えたが良いが、そのまま流されたのが過去2回でした。
e0292469_17592369.jpg

雨が空気中の湿度を上げたのか川霧が発生し、幻想的な雰囲気の中を下って行きます。
e0292469_175939.jpg

やがて本流の犀川に合流すると、川幅は一気に広くなり、空も広々として開放的な気分になります。
e0292469_17584920.jpg

え~しさん、今回も懲りずにお誘いくださり、ありがとうございました。おかげでどうにか汚名を濯げました。
e0292469_17581627.jpg

陽も差してきてエルニーニョさん、余裕の表情ですね。お付き合いありがとう。
e0292469_17583142.jpg

[PR]
by tanokyu88 | 2014-07-31 16:45 | そとあそび
<< 今週のパスタ 本日のデザート >>