テレマーク一年生バックカントリーへ行く

3月16日(日)

冬に仕事の忙しさが集中するのが、この日の主役を務めた、テレマーク一年生のH氏。
春になり、ようやく繁忙期を脱出したので、テレマーク仲間がよってたかって、初バックカントリーに連れ出しました。
H氏の普段の心掛けが良いのか、快晴無風と絶好のお天気に恵まれ、何はともあれ幸先の良いスタートとなったのでした。
満を持して出掛けたのは、先々週にロケハンをしておいた池ノ平湿原です。
歩く距離や滑る斜面なども含めて、バックカントリーのデビュー戦には、持って来いのロケーションです。
e0292469_1613299.jpg




先輩テレマーカーに、ステップソールの板を借りて歩き出したH氏、なかなか快調に歩を進めます。
小一時間歩いたところで林道と分かれ、そこからは自らルートを探りながらの、本格的なバックカントリーに入ってゆきます。
e0292469_1635743.jpg

途中では、そそられる斜面が現れたので、軽く一本足慣らし。何の準備も無く、いきなり滑りだせるのがステップソールの良いところ。
e0292469_1634821.jpg

そしてふたたびハイクアップしながら、目的地に向かって歩き出します。登りさえ楽しいと、H氏は終始笑顔でした。
e0292469_1633744.jpg

お天気に恵まれた上に、行く手にはこんな景色が広がっているのですから、楽しくない筈ありません。
眼下に真っ白な池ノ平湿原、遠く目をやれば、黒斑山の向うに浅間の噴煙も見えます。
e0292469_1632591.jpg

出発から2時間弱で、目的の雲上の丘に到着。上信国境の四阿山・根子岳・角間山・湯ノ丸山と、大パノラマが広がります。
e0292469_1631439.jpg

ひと休みしたら、ここ池ノ平周辺では一番の、オープンバーンを滑ることにします。
H氏緊張のスタートですが、この日の雪質は、残念なことに初心者向きではありません。
e0292469_163382.jpg

思わず、いや~~んのポーズ!
e0292469_1625041.jpg

無事に湿原まで滑り降りたら、お昼ご飯に向いた場所へ登り返します。
e0292469_1623640.jpg

ポカポカ陽気の中の、楽しいランチタイム。当然のことながら、液体燃料の補給も怠りません。
e0292469_1622347.jpg

お昼ご飯の後はザックをデポして、練習用の緩い斜面で、登ったり滑ったりを繰り返します。
こんな場面こそは、ステップソールの板が、実力をフルに発揮します。H氏もだいぶ様になってきました。
e0292469_1621246.jpg

楽しく遊んだら林道を戻り、湯ノ丸スキー場のトップまで帰ります。
上々のバックカントリーデビューは、すべてこの笑顔が物語っています。
e0292469_1615974.jpg

[PR]
by tanokyu88 | 2014-03-19 17:33 | そとあそび | Comments(0)
<< 湯ノ丸山でラストパウダー 本日の前菜 >>