シーズン初の上州武尊

1月19日(日)

今シーズンになって初の上州武尊は、密度の濃い雪が終日降り続いていました。よって視界も利きません。
気温も低く、前武尊山頂ではマイナス12℃を記録。風が弱いのだけが救いでした。
こんな気象条件でも、バックカントリーに出掛けるスキーヤー・ボーダーをたくさん見るにつけ、このエリアの人気が窺えます。
e0292469_1554443.jpg

オグナ様(ヤマトタケルノミコト)に、今シーズンの安全祈願をします。まだ台座が見えているので、今年は雪が少ないようです。
e0292469_15535477.jpg

マイナス10℃を下回ると、寒さも桁外れに感じます。まつ毛も凍るのですから、並大抵ではありません。
e0292469_15534278.jpg

そんな状況なので無理は禁物と、ゲレンデに向かう十二沢を滑ることに決定。
雪は少々重い感触です。それでもこれだけ深いのですから、何の不足もありません。
e0292469_15532471.jpg

軽いパウダーを遊泳することはできませんでしたが、そこそこの深雪で楽しい滑りができました。
e0292469_15531256.jpg

十二沢を一本滑っただけでゲレンデに戻ると、時刻はまだ午前中。ゲレンデ脇を利用してビーコンの操作訓練をしてからお昼ご飯にします。
e0292469_15525734.jpg

以前のようにガツガツ滑らず一本に集中する姿勢は、大人のスキーヤーになった証拠でしょうか?皆さんお疲れ様でした。
[PR]
by tanokyu88 | 2014-01-20 16:48 | そとあそび
<< 春の香が届けられ 今週のパスタ >>