パンと暮らしの道具の店「わざわざ」

11月23日(土・文化の日)

午前中は、この日オープンした湯ノ丸スキー場で、早々と今シーズンの初滑りでした。
連休初日と快晴のお天気が重なり、湯ノ丸スキー場にしては珍しくリフト待ちの長い列に、5本ほど足慣らしをしたところで切り上げます。
さっさと山を下りて向かったのが、千曲川対岸の御牧原台地にある「わざわざ」さん。
このお店、営業日が木・金・土の週三日だけですので、日・祭が休みのワタシにとって、行くに行かれぬ憧れの聖地のような場所。
たまたまこの日は、年に一回あるかないかの土曜日の祭日でしたから、願っても無いめぐり合わせに、勇んで参上したのでした。
若き女性オーナーとは、ブログ仲間の取持つ縁で、何度かお会いしているのですが、営業日にお訪ねするのは初めてのことでした。
e0292469_16522310.jpg




もともと住居の一部が店舗だったのですが、手狭になったのと仕事の効率から、隣接地にハーフビルドの手作り感あふれる店舗を最近新設。道路からは反対側に回り込むと、引き戸の入り口がありました。
決して広いとは言えない店内には、オーナー独自の感性で選ばれた、手作りの生活用品で一杯。
e0292469_16551984.jpg

二階には喫茶部もあるのすが、お昼ご飯にしようと目論んで来たパンプレートは、売り切れ寸前で滑り込みセーフ。
湯ノ丸スキー場で欲張って滑っていたら、敢え無く空きっ腹を抱える羽目になるところでした。
e0292469_1655693.jpg

ロフトのような二階喫茶部からは、一階のお店内部の全景が見渡せます。
e0292469_16545738.jpg

窓際の特等席からは、晩秋の御牧原の長閑な田園風景が見え、本でも読みながら何時間でもそこに居たくなります。
e0292469_1654203.jpg

その窓からは、雪で真っ白に化粧した北アルプスが見えるのですから、山好きにとっては羨ましい環境です。
e0292469_1654759.jpg

さらに店の裏手にまわれば、浅間連峰が目の前に望める、これ以上無いロケーションに立地しています。
e0292469_16535983.jpg

さあ、お待ちかねのパンプレートがやってきました。焼きたてのカンパーニュ・ニンジンのサラダ・白菜とポテトのスープ・トルティーヤと盛りだくさん。
そしてデザートは、リンゴのムースの上に焼きリンゴとリンゴのチップの載った、リンゴづくしの豪華版でした。
ご一緒したスキー仲間も大満足と言ってくれたので、提案したワタシも鼻高々の「わざわざ」さんでした。
e0292469_16531612.jpg

わざわざ
http://www.waza2.com/
[PR]
by tanokyu88 | 2013-12-03 18:25 | うれしい店
<< 本日のデザート チーズ工房 Three Brown >>