新型のワンボックスがやってきた

長い間苦楽をともにしてきた相棒のワンボックスも、導入以来はや18年目となってしまいました。


先日の定期点検では、あちらこちらに故障に繋がるような箇所が見つかり、性能自体も低下していて、ランニングコストが嵩むようになっています。

メーカーのセールスマンの説明では、最新技術を搭載した新型なら、大幅なランニングコストの節約が見込めるとのこと。

さらには、旧型よりも静粛性に優れ、動力部の廃熱も抑えられるので、夏場の快適さは比較にならないとか。

無論セールストークとは知りつつも、経年劣化が避けられない機械である以上は、早晩交代の時期が来ているのは目に見えています。



そこで今回意を決して、新型のワンボックスに替えることにしました。

ボディーカラーは落ち着きのあるつや消しのシルバー、フォードアの重厚かつ精悍なフォルムに身を包んでいます。

さらにはプラグインの電動ですから、納品と同時に運転が可能です。



良いことずくめの新型ですが、これから長期のローンが待っていますので、手放しに喜べないのが悩みの種なのです。







e0292469_175215.jpg

[PR]
by tanokyu88 | 2013-11-01 17:57 | 田能久のうちそと | Comments(2)
Commented by milouxxx at 2013-11-04 13:26
ワンボックスのプラグインって・・・
騙されましたっ!
確かにフォードア、確かにシルバー、確かに・・・
騙されたのは私だけじゃないハズ^^
Commented by tanokyu88 at 2013-11-05 08:29
milouxxx さん
騙された! 騙された!
って人聞きの悪い。
クルマ好きの方は余計にそんな風に思ったのも無理はありませんね。
ムフフ・・・ 新車が無理なので腹いせにそれらしく書いてみたのです。
<< 無事日本一周を終える 今週のパスタ >>