雪洞貯蔵酒 緑

白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 酒はしづかに 飲むべかりけり

わざわざ、あまりに名高い若山牧水の歌を引き合いに出すまでもなく、秋の夜は清酒以上に相応しい酒は見当たりません。
先日、日頃からお世話になっている方が、田能久開店25周年のお祝いにと、くださったのがこのお酒でした。
瓶詰めをしてから0℃に保たれた雪洞で、初夏までゆっくり熟成された、新潟の名醸緑川酒造の「雪洞貯蔵酒 緑」。
雪洞貯蔵によってフレッシュさを残しつつ、熟成された吟醸酒特有の複雑な味のハーモニーが秀逸です。
残念なことに期間限定の特別酒、後を引いても手に入らないので、いつものような粗野な飲み方は厳禁です。
なかなか入手が難しい逸品をくださったAさん、お気遣い感謝いたします。ありがとうございました。
e0292469_1846733.jpg

[PR]
by tanokyu88 | 2013-09-24 18:57 | 百薬の長
<< 秋の北アルプス蝶ヶ岳から常念岳を歩く 本日の前菜 >>