守門大岳は真っ白な別天地

4月28日(日)

GWには恒例の東北スキー巡業に出るえ~し@箱根さんですが、今回は至仏山を皮切りに二峰目に守門大岳を滑ってから北上の予定とか。
ワタシにとって、これまで登る機会に恵まれなかった守門大岳とあって、是非とも同行をと願い出て、この日初登頂が実現しました。
4時間あまりの長丁場の末に立てた大岳山頂は、無木立の遮るものがまったく無い、雪に覆われた天空の大広場。
前日の雪でリセットされた広大な山頂からは、真っ白なスロープが伸び、いやが上にも滑降意欲をそそられます。

画像は大岳山頂から守門岳本峰方面を眺めた景色。
e0292469_94876.jpg




除雪が終わった最終地点には、各地からやって来た登山者のクルマが、路上駐車の長い列をつくっています。
e0292469_9531485.jpg

取り付き地点でスキーを履いて、ハンディGPSのセットを確認しますが、目指す大岳方面は雲がかかっていてよく見えません。
e0292469_953447.jpg

登るに連れて徐々に雲も取れ、ジャケットをザックに括りつけて歩いても、汗が吹き出てくるほど良い天気に。この日は8名パーティでした。
e0292469_952532.jpg

緩く長い登りがつづきますが、それでも確実に高度を稼ぎ、越後の残雪の山々が目に入るようになってきます。
e0292469_9524091.jpg

出発から2時間ほどで、中間地点の保久礼小屋のある鞍部に下る地点に。見上げる尾根の遥か先に目的の山頂部分が見えます。
e0292469_9523134.jpg

保久礼(ほっきゅうれ)小屋は、おどろおどろした外観で、一人では入るのもためらわれる雰囲気の小屋でした。
e0292469_9513831.jpg

小休止した保久礼小屋の脇からは、いきなり尾根筋の急登が始まります。息を切らしながら高度を稼ぎます。
e0292469_950683.jpg

なんとか急登をやり過ごすと、越後駒ケ岳をはじめとする名立たる山々の景色が広がり、ほっと一息つけました。
e0292469_949548.jpg

森林限界を超えると傾斜は緩くなるものの、目指す山頂はまだまだ先。前を行く登山者が芥子粒のように小さく見えます。
e0292469_9494175.jpg

登山開始から4時間、はるばるやって来た大岳山頂は、冷たい風が吹き付けていて、休憩もままなりません。
e0292469_949054.jpg

パノラマで写しても何も無い、真っ白な雪原が広がるだけの大岳山頂でした。
e0292469_948439.jpg

つづきます
[PR]
by tanokyu88 | 2013-05-01 17:15 | そとあそび
<< 守門大岳は真っ白な別天地 その2 本日の前菜 >>