デブリとストップ雪の金山沢

4月14日(日)

二週つづけて自宅待機の憂き目に遭って、フラストレーションがピークに達していたのを一気に解消すべく、数年ぶりの白馬遠征です。
前回の雁ヶ峰ツアー同様、今回も各地からテレマーク仲間が集結。
神奈川1名、東京1名、栃木2名、新潟1名、そして我が群馬からは3名、総勢8名のパーティーになりました。
幸運にもスッキリ晴れ渡り、車中のオリンピック道路からは、早くも北アルプスの鋭鋒が目に飛び込んできて、いやが上にも期待が高まります。
まず全員で二股に向かい、半数のクルマをデポしたら、出発地の栂池ゴンドラ乗り場へと急ぎます。
ゴンドラとロープウェイを乗り継ぐと、栂池自然園の入り口は目の前。今回は自然園を縦断して、金山沢の源頭部に至るコースです。
e0292469_17451684.jpg




栂池自然園の縦断は風も穏やかで、ジャケットを脱いでも汗ばむほどのツアー日和。のんびり2時間のシール歩行でした。
e0292469_17475313.jpg

やがて標高が2000mを越えると、左手には杓子岳、鑓ガ岳、唐松岳が手に取るような高さになり、金山沢の源頭部に達します。
この頃から風が強くなり、遮るものの無い雪原でのお昼ごはんは、そそくさとしたものになったのは残念でした。
e0292469_17474395.jpg

それでは、目の前に北アルプスの名峰たちを望みながらの、滑降タイムの始まりです。
e0292469_1747342.jpg

源頭部は広大なカール状の真っ白なバーン。春の新雪が乗った滑りにくい雪質ですが、皆さん嬉々として滑り降ります。
e0292469_17472629.jpg

傾斜がきつくなった地点では、川底のように抉り取られた全層雪崩の跡が立ちはだかり、迂回を余儀なくされます。
e0292469_17471569.jpg

難儀の末ようやくデブリ帯を逃れ、緩斜面になったところで小休止。え~しさんからパウンドケーキが振る舞われティータイムに。
e0292469_1747185.jpg

休憩地点から下部の雪質はストップ雪に変わり、皆さん苦労をしながら下りてゆきます。
最下部のノドの部分では再びデブリが待ち受けていて、すんなりと終わりにしてはくれません。
e0292469_17465036.jpg

それでも、全員無事に通過し開けた場所に出ると、そこが白馬尻。白馬大雪渓の入り口です。
e0292469_17463418.jpg

白馬岳本峰には、白馬岳の名前の由来となった「代掻き馬」の雪形もはっきり見えます。
e0292469_1746205.jpg

林道に入り振り向くと、先ほど滑り降りた金山沢の全貌が見えます。
ツアーの最後に、通過してきたルートが眺められるのは、何ともいえない達成感に包まれていいもんです。
e0292469_1755182.jpg

スキーで移動できるのは猿倉荘まで、ここからは除雪の終わった舗装路を、一時間も歩かなくてはいけません。
楽しかったツアーを振り返りながら歩きますが、硬い道に加え重いザックが肩にのしかかり、だんだん無言になってゆきます。
e0292469_17455172.jpg

ようやくクルマをデポした二股に到着。参加された皆さま、お世話になりました。
[PR]
by tanokyu88 | 2013-04-17 18:04 | そとあそび
<< 今週のパスタ 本日のデザート >>