新春を寿ぐ一本

e0292469_18283838.jpg

群馬辺りにおりますと、酒どころのイメージは新潟・信州・東北、といったところが自然と思い浮かびます。

呑み助の端くれのワタシも、数年前まではご多分にもれずそんな思いでしたが、近頃では静岡の酒蔵に俄然注目しています。

今年の正月用に何がよいか品定めを始めた頃、日頃から愛読しているブログのこちらの記事が目に留まり、迷うことなく決定と相成りました。

いやはや何とも、自分を褒めたいくらいの正解で、お陰さまで結構な三箇日が送れました。

この臥龍梅に限らず、静岡の酒蔵はレベルが高いので、店頭で見かけたら是非一度お試しを!
[PR]
by tanokyu88 | 2013-01-07 18:56 | 百薬の長
<< 車山でバックカントリー 手作り干し芋がやってきた >>