手作り干し芋がやってきた

e0292469_16353282.jpg


近頃滅多に見ることも無くなりましたが、以前は晩秋から初冬の風物詩だった自家製の干し芋。

家々の軒先やぬれ縁に干してある情景は、つるし柿などとともに懐かしく思い出される、古きよき時代のひとコマです。

その干し芋作りに近頃せっせと励んでいる御様子なのが、食道楽が高じて作り手の方に回っている三束雨さん

物作りの常道で、回を重ねるごとに出来栄えがよくなったようで、年明け早々に自慢の干し芋をお持ちくださいました。

「ストーブで炙るとより風味が増して、お酒のお供なんかにもおつなもんですよ!」とは製作者の弁。

新年早々嬉しい到来物でした。
[PR]
by tanokyu88 | 2013-01-05 17:59 | 食べたり飲んだり
<< 新春を寿ぐ一本 新年のご挨拶を申し上げます >>